個別記事の管理2015-01-23 (Fri) 20:10
私はハマるとどこまでも突き詰めたいタイプなので、今「刀剣乱舞」にハマっている身としては刀のいろはについても知りたくなってきたわけで。
サービスインしてからというものTLがとうらぶ祭で、色んな情報が流れてくるんですけど書店さんもそれに便乗してこうゆう本がありますよ、っておすすめしてくれたりして、wikiもかなり詳しく説明書きがあるのだけどもっと深く掘り下げてみたくなり。
自分の使っている刀が誰が使っていたのか、どんな経歴があるのか、今はどこにあるのか…etc.
書店さんオススメの他に最近出たものでは、


日本刀 (別冊宝島 2288)日本刀 (別冊宝島 2288)
(2015/01/16)
不明

商品詳細を見る


日本刀 妖しい魅力にハマる本 (KAWADE夢文庫)日本刀 妖しい魅力にハマる本 (KAWADE夢文庫)
(2014/08/12)
博学こだわり倶楽部

商品詳細を見る


BASARAシリーズとか無双シリーズとかプレイしないので、時代と武将がイコールになってないのですが(ゲームしてるしてない以前の問題だろ^^;)、歴史の授業は好きだったので、とうらぶもすごくハマったんだと思います。
ブラウザゲームってのも入りやすかったんではないかと。(ゲーム機はまず機動するのが面倒。PCも同じなんですけど。ただネットサーフィンしながら出来るってのは個人的に◎で)

今日のメンテで小狐丸が実装されたので、レシピ回しつつ出会えるまで頑張ります。
(5-4でドロップできるみたいですがまだそこまでたどり着いてない)


* Category : BL・乙女ゲーム
* Comment : (0) |
個別記事の管理2013-07-01 (Mon) 18:22
ちまちま裏語やってます。
まず適当にやってたら高杉ルートに入ってしまい、そのまま突っ走ったらBADエンド。?
ある程度主人公のレベルもあげなきゃいけないような感じ?

一回クリアするとそのステータスを引き継いだまま最初からプレイできます。
なので最初っから梢(主人公)強いー!と(笑)
共通ルートで一番好感度が高かった人のルートに入るので、お目当ての人の依頼や会話で好感度をあげておきます。
高杉ともう1人(グラバーか桂)は異様にあがるので注意。多分。

その後、以蔵のTRUEエンド。(以蔵ルートは武市先生たくさん喋りますよ~

んもう、以蔵可愛いっっ(>_<)!!

常に「先生、先生」言ってて、若干コミュ障な感じがまた。(それもこれも武市先生のせいなんだけど)
そして鈴村さんの以蔵の喋り方が可愛いのなんの。
以蔵は考えながら喋るので間が空くんだけどそれが可愛いのね。イライラする人はするんだろうけど。

高杉BAD、以蔵TRUEしかやってないけど、巷で言われている話が薄いっていうのが納得。
特に高杉。
起承転結がすべてに置いて薄い感じがする。
サブキャラのキャスト陣が豪華なので、FDありきなんじゃないかと思うほど。

でも、テキストは変な癖も無いし無駄も無くて読みやすい。(ロゼとは比べものにならない)
主人公は普通にいい子で凄く好感持てる。きゃんきゃんしてないし。

特別な欠点は今の所見当たらない変わりに、長所という所も特にない(^^;

* Category : BL・乙女ゲーム
* Comment : (0) |
個別記事の管理2012-06-18 (Mon) 14:03
バクダン★ハンダン(限定版:ドラマCD、設定原画集同梱)バクダン★ハンダン(限定版:ドラマCD、設定原画集同梱)
(2012/06/14)
Sony PSP

商品詳細を見る


わわわーーーー、また日にちが空いてしまいました。
↑これのせいです。
まだ士道(CV:鈴村さん)と調辺(CV:成田さん)しかクリアしてないので総合的な感想は書けませんが、
ここからはちょっとだけネタバレです。



公式にもあがっていたサブキャラの中にマイちゃんという女の子がいましたけど。
○ッキーを口にくわえて、いかにも調辺さんと関係ありそうな感じの子でしたが、実の娘でした。
名前もマイちゃんということで、みんなから「マイ」だの「マイちゃん」だの呼ばれ、自分が呼ばれているようで非常にむずがゆくプレイしております(笑)

Return

* Category : BL・乙女ゲーム
* Comment : (0) |
個別記事の管理2012-06-08 (Fri) 18:01
最近、蕗に凝っておりまして家に生えている京蕗を採ってきて煮物にしてます。


で、アブ恋です。
PSP「アブナイ恋の捜査室」プレイしました。

ルート攻略は書いてませんが、少々ネタバレなところもあるので追記で。


例の如く、選択肢はメモしてないので書けませんが(^^;アイキャッチをONにしておけば楽に進めると思います。

ベストな選択→ハート2つ
ノーマルな選択→ハート1つ
バッドな選択→なし

なので、こまめにセーブしながらやっていくとHAPPY ENDに辿り着けます。
HAPPY ENDになるには親密度をMAXの4にする(ハート2つ選択肢を選ぶ)。

1stは、1人10話まであり、ベストな選択を選んでいくと1話終わりごとにサブストーリーが見れるようになっています。
親密度によってノーマルな選択をしないと見れないストーリーもあります。
特に1stは、全員やらないと事件の全貌が見えてこないので、捜査に関する選択肢もあるし、最初から無理に強制スキップしない方がいいかと思います。←する人いるんですか。それは私。

▼キャラルート制限
◎1st

明智、藤守弟、如月、小笠原をHAPPY ENDで攻略。
 ↓
小野瀬ルート開放→小野瀬HAPPY END攻略
 ↓
穂積ルート開放

◎2nd
明智、藤守弟、如月、小笠原をHAPPY ENDで攻略。
 ↓
小野瀬ルート開放→小野瀬HAPPY END攻略
 ↓
穂積ルート開放→穗積HAPPY END攻略
 ↓
藤守兄ルート開放

話の繋がりがあるのであまりスキップ多用はよろしくないと書きましたが、藤守アニを出すためにかなり強制スキップ使用してしまいました(^^;
上を見ても分かるように、アニが攻略できるまでは非常に長い道のりがあります。
でも2ndに入ると攻略は出来ませんが冒頭から出てきます。

PSPで初めてプレイしたんですが、結構下ネタ多いですね、コレ(^^;
結構きわどい表現もあった気がするんですけど、CERO「C」なのね。(特に穂積ルート)
でも、ソーシャルのときはもっとすごい会話があったようですね。
穂積、小野瀬の三十路コンビの伏せ字ばっかりの会話とか(笑)

あとは藤守兄弟の会話がすごく面白い。
大阪出身なのでエキサイトしてくると関西弁になるんですけど、私はネイティブじゃないのでなんとも言えませんが、どうなんでしょう?(^^;
成田さんが関西弁の役をやってるのはあんまり見たことがないのでこれは貴重じゃないかなと思います。

合間に挟まってくるサイドストーリーも面白いです。
テンポ良く進んでいくのでやりやすいかと。

ただ、アニ目当ての人にはちょっとツライかも。
2ndの隠しキャラなので、ストーリーもそんな長いものではないし。
でも、最強のツンデレでしたねw
常に上から目線、しかもガン○タ(でも不器用なのでプラモは弟に作らせている)
寄ってくる女性は引く手あまたでも、すぐ離れていくと弟たちに言われていた要因はそこかと(笑)

「捜査」と称して主人公を公園デートに誘う藤守アニがとても可愛くて。
朝早くから出てきて公園で場所取りしてるの。
それに気づいた主人公がそう言っても「違う!」の一点張り。でも顔が赤くなってるし見え見えなんだよね。

それと、あと一押しが足りないなーと思ったらソーシャルは11話(後日談)があるようで。
全員が全員、「え、ここで終わり?」って思うのはそのせいかと。
でもキャラ同士の会話のテンポもいいし、ロゼのようなグタグタ長いプロローグとかそんなのもないし、さっくりさっぱり出来ます。

13日に出るドラマCDはそんな捜査室の面々の会話が聞けると思うと楽しみでなりませんわー。


Return

* Category : BL・乙女ゲーム
* Comment : (0) |
個別記事の管理2012-04-29 (Sun) 20:31
足しげく通っています。(プレイ中)

※メモしてないのでルート攻略は書けませんが、ちょっとだけネタバレ的なものがあると思いますので以下注意。

フィリップルートは全部でEDが5つあるんですが、そのうち3つはラウルルートから派生するので要注意。
全部見たのにギャラリーやメモリーが埋まらないので、6(だったか)あるother EDリストにフィリップVSラウルの兄弟ルートがあることが判明。

これいいな。
ラウルがクリスに結婚を申し込むことに反対するフィリップ。(身分の差を考えろと)
自分に靡いてきたらそれまでの女だと、2人の間を壊そうとわざとクリスを誘惑するフィリップが気づいたらクリスに本気になって葛藤するところとかたまらんですな(/∀\*)
クリスも大人なフィリップにときめいちゃったり。
でもラウルのことも気にかかる、みたいな。 
BADな選択すると2人とやっちゃったりして、クリスこら!と(笑)

とりあえずフィリップ関連しかやってないけど、なんか会うたびクリスと致してしまうフィリップにぬぬぬ…(・_・;)となるわね。
お貴族様の押しの強さと申しましょうか、色んな意味でテクニシャンだわ、フィリップ。
エロシーンのバリエーションがすごいもの(笑)

ただ、誰もが青島さんがキャスティングされたことで裏があると思われていたフィリップですが、そんなことはなく若干肩透かし気味(笑)
でも、それもなかなか新鮮で良いと思いますv
* Category : BL・乙女ゲーム
* Comment : (0) |