個別記事の管理2005-09-18 (Sun) 13:25
草間さかえ/東京漫画社

<あらすじ>
中学生の智は自宅アパートの隣室に住む大学生の裕一と何となく親しくなる。裕一は何となく退廃的な男でいろいろな面にドライだったが、智はそんな彼と少しずつ色々と話をするようになる。
ある日、なりゆきで彼の爪を切ってあげている時、智は裕一にキスをされた。智はその場から逃げてしまうが、裕一はいつもの合図で壁を叩いてこちらの様子を伺う。その時智ははじめて「彼に欲情する自分」を慰めた…。
それから10年、ふたりは偶然再会する…。

最近、いろんなところで書いてらっしゃいます草間さかえさんの本です。
これは店頭で絵柄とタイトルに引かれて吸い込まれるようにして手にとった漫画です。
独特の絵柄、コマ割りに最初は読みにくさが先行するかもしれませんが、それを上回る話の巧さ。
BLにありがちがご都合主義な話とは違って、すごくレトロな感じがするお話で、深みがあります。
最初に読んだときはなんかしっくりこないなーと思っていたんですが、何度も読んでいくうちにこの作品の良さが分かってきたというか、「あ、ここはこうだったんだ」と噛めば噛むほど味が出るというか。
個人的には西田東さんと同じ匂いのする方だなと思います。独特の作風、話の展開等。
過度なHシーンをお求めの方には欲求不満が残るかもしれませんが(笑)
これは成鳥でイケますよ。うん。
ちなみに智×裕一なので、N氏は受けになりますね(笑)
ちなみにコミックスのカバーを取るとオマケ漫画があって、見つけたときはお徳な気分になりました(笑)
* Category : BL漫画
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する