個別記事の管理2008-08-23 (Sat) 21:02
【原作】
高月まつり

【キャスト】
佐藤悠人(鈴木達央)/秋原修一郎(成田 剣)/田上慶吾(てらそままさき)/誠(梶裕貴)/(吉城)前野智昭/高橋(宝亀克寿) ※敬称略

【あらすじ】
最高だが甘い容姿とは裏腹な正直で辛辣な物言いのため契約を破棄されまくりのハウスキーパー・佐藤悠人。男前の依頼主・秋原修一郎にときめきながらも、契約を勝ち取るべくある決意する。ご奉仕オーラ全開で修一郎のゴージャスマンションに向かった悠人の目の前に広がっていたのはあり得ないほどの汚部屋だった!
一方、独特の美意識を持つ修一郎は毛を逆立てて威嚇する悠人の愛らしさに目が眩み…!?

2008年8月25日発売/インターコミュニケーションズ

*********************************************************

原作既読。
今回フリートークは別CDなので、73分丸々ドラマが収録されております。
全体的にモノローグ少な目。
長々としたものはなく、ほとんど会話劇でテンポ良く話が進んでいくので聴きやすいかも。
ただ、原作を読んだ時点で一回挫折してるんですが、(高月さんにしては読みづらかった)、流れが早いっちゃ早い。原作も早いんですけどね。
受け(悠人 CV:鈴木達央)の気持ちのがいつ攻め(修一郎 CV:成田剣)に向いていったのかCDだけじゃさらに分かりにくかったかなーと。
あと、どうやって入れるのかなと思っていた爆笑必至の二人の携帯でのやり取りは全部カットされておりました;;

達央君は、フリートークでも言ってましたがほんとに乙女系。
ものすっごく可愛い悠人を演じてくれました。
個人的にビッグガンで初めてBLをやったという達央君のいろんな意味での凄さ(笑)が強烈で、今回すごく上手くなっててビックリしました(^^;
時折出る吐息とかがとても色っぽくて可愛かったですーvvvvv
「ううん」とか「えいっ」と修一郎の頭を叩くところとか、泣いちゃうところとか。
可愛すぎてのた打ち回るかと思いました(笑)
スバラシイ。

成田さんはいつもどおり。
いや、ほんとにいつもどおりで(笑)
成田さんは高月作品2回目(ボディガードは口説かれる)ということで、高月さん特有のテンションの高いお話、すごく合ってるのかなというくらいマッチングしてました。
フリートークでもすごく楽しかったって言ってましたしね。
人とはちょっと美的センスが違うエリートな修一郎がひと目で悠人に恋に落ちるっていうね。
恋に落ちるというか、獲物を見つけたと言った方が合ってるか
最初から夫婦漫才のような二人の会話が面白かったです。
例えば、
修一郎「随分と大人しいな。自慢の口はどうした」
悠人「な、うるさい!髪を洗ったらさっさとイスに腰掛けろ。あ、…腰掛けなさい
修一郎「わざわざ言い直すところが凄く可愛い

ほんとにハートが飛んでる言い方なんですよー!!(笑)
でも最後の最後、「絶対に俺から離れるな。好きなだけ甘えろ」っていう台詞に撃沈されました。
すごーく甘い言い方で聴いてて「ひぇー」って言っちゃいました(笑)

てまそまさんはエロい。
本当にそうでした(笑)
出番も梶君とともに後半に少しだけだったんですが、フリートークで成田さんと達央が言ってたとおり、エロいオジサンとそれにいいように手篭めにされてる男の子みたいな(言いすぎ?笑)
キャラ年齢も実際それくらい離れてますよね。
35歳と24歳でしたっけ。
修一郎と悠人は33歳と27歳。
CDだけ聴いてると悠人はもっと幼く聞こえたかな。
それくらい達央君可愛いかったですvv

とにかく超ツンデレな悠人が可愛いです
なんかたっつんべた褒めみたいな感想になってますけども(^^;
フリートークで、その昔ビッグガンで成田さんに「次は僕と絡めるといいね」みたいなことを言われて、今回それが叶って嬉しかったみたいなことを言ってましたけど、ほんと素晴らしい登頂でございました。
みんなが口を揃えて「楽しかった」と言っていたこの作品。
それがあの収録時の写真に繋がってるんじゃないでしょうか(笑)
* Category : BLCD
* Comment : (0) * Trackback : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する