日々是日常 るろうに剣心 新京都編(追記修正)
2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05

るろうに剣心 新京都編(追記修正)

後編公開初日の昨日、見てきした。

今回は前編も一緒に公開ということで、見てなかった私としてはありがたい限り。
朝イチの回を見たんだけど、観客が10名ほど(^ー^;)
やっぱ札幌って…と思ったけど、早い時間だったからかな。
でもガンダムUCは結構入ってたな。。
ディノス(大通)とシネマフロンティア(札駅)の違いかなー。

で、感想。
分かりきったことだけど、端折りすぎててこれが京都編を初めて見る人だったらハテナマークが飛び交うんじゃないかと。
やっぱり前後編でやるっていうのが難しすぎたというか、無理難題だったんじゃないかなと思う。
今回のアニメ化で改めてテレビアニメの京都編を見なおしていたのでいろいろ脳内補完できた部分があるので不思議に思うところはなかったけど。

そして成田さんの斉藤。
第一声を聴いてびっくりした。鈴置さんに似すぎて。
でもやっぱり長いセリフを聴いてると成田さんの斉藤一なんだけど。
昨日の舞台挨拶で演出の三ツ矢さんが「成田さんがすごく研究してアフレコに臨んでくれて、それを聴いて涙した」というお話をされていたようですし。
ほんと鈴置さんが乗り移ったかのような素晴らしい斉藤一でございました。
成田さん自身は研究勉強していったとしても物真似であの声を出してるわけでないので(UCの小形P証言)ナチュラルに出来るのがすごいところです。

昨日の舞台挨拶で古橋監督は斉藤の殺陣シーンが一番いい出来だったとお話されていたようで、確かにあのシーンだけはクオリティが違った。
(数カ所、どうした宗次郎!っていう顔になってた所とかあったし)
特に終盤、志々雄のいる煉獄(船)に向かって突入する斉藤(藤田五郎)のシーンがすごくて。
海を泳いで船まで向かっていくんですが、まー、泳ぎの早さがハンパ無い(笑)
警察制服の上着を颯爽と脱いで海に飛び込むんだけど、由美さんが打つガトリングガンをうまいこと避けて泳いでいくっていう人並み外れた、まるでアニメのような(アニメです)すごさでした。
その後、船にあがってきて水が滴る髪をかきあげるシーンはジャニーズのPVのようでしたよ(笑)

最大の見ものである、剣心と志士雄との戦いも最後は鞘の部分でおでこを突き、終了。
あっけなかったなぁ…。
(志々雄の頭が真っ二つに割れた…。)
剣心VS宗次郎、剣心VS蒼紫もさっくり終わってしまって。
一番長かったのが志々雄VS斉藤だったと思います。

ツッコミどころ満載ではありましたが、斉藤ファンは見て楽しめると思います。



コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する