個別記事の管理2013-09-27 (Fri) 11:55
夏季休暇の3日間はほぼ読書でした。

何かしら出かけてたりしたんですけど、ソレ以外はほぼずっと読書。
ドラマ「半沢直樹」シリーズの原作を3冊読了しました。
特に、ドラマ後の話になる『ロスジェネの逆襲』はすごく面白かった。

ドラマは原作通りの終わり方だったのだけど、読んでない人にとっては、大和田部長を突き詰め土下座をさせすっきりしたと思ったら、半沢が中野渡頭取から子会社の証券会社への出向の辞令を受け終了。
正直「ここで終わり…!?」と思ったと思います。
なので、ドラマ後のロスジェネの売上げはまた相当なもんだったと思われ…(^^;

「オレたちバブル入行組」、「オレたち花のバブル組」に続く3作目『ロスジェネの逆襲』は子会社に出向した半沢直樹が、親会社である銀行とシゴトで勝負するストーリーです。
親会社だからといって遠慮することなく、正しいことは正しいと言い、貫き進む半沢が爽快です。
タイトルになってる通り、半沢たちバブル世代に対し、話にはロストジェネレーション世代が出てきます。
そのロスジェネ世代と一緒に銀行(親会社)に挑む半沢。
段々と話が進むにつれ、どういった形で挑むのかドキドキワクワクしながら読みました。
そして自分の推理が当たったときの快感\(^O^)/
久しぶりにBL小説以外でエキサイトした読み物でした。←
* Category : 日々のアレコレ
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する