個別記事の管理2013-10-18 (Fri) 09:39
成田さんの朗読会に行ってきました。

■成田剣 定期公演 朗読劇を愉しむ会 第一回『純粋な愛の花・撫子の会』
■日時/2013年10月14日(月・祝)昼13:30~ 宵16:30~
■場所/吉祥寺MANDA-LA2


(※若干脚色して書いているところもあります。後日何か思い出したら所々書き足すと思います。)

当日までシークレットだったお題は、

昼「駈込み訴え」(太宰治)
夜「走れメロス」(太宰治)

純文学は読む時もそうですけど、ただ聞いていれば頭に入ってくるものではないので、頭の中でかみ砕きながら自分なりの解釈なりをしていかないといけません。
聞く側も目読とはまた違った体力を使います。
駆込み~は、ユダのイエスへの偏愛が語られるわけですが、愛情と憎悪が交互に出てきて、自分の内なる衝動を制御できず、異常なまでの切迫感が滲む独白。
ジェットコースター的な話なので聞き終わった後相当疲れました。
朗読されている成田さんはそれ以上の疲れが襲ってきていたことと思います。
(脚本にケチをつけるわけではありませんが、駈込み訴えは疑問に思う形容があってそれを最後まで引きづってしまいました…;)

メロスは、アニメにもなったりいろんな所で取り上げられることの多い作品なので純文学、太宰に縁のない人でも知ってる話だと思うので入りやすかったです。
特に成田さんの演じ分けが素晴らしく、ディオニス、メロス、セリヌンティウス、フィロストラトスを見事に演じ分けておりました。
前の方で見させて頂きましたが、声の威圧感といか、威力がすごくて(本当に風圧を感じるくらい)、ディオニスの低く、唸るような嗄れた声が、成田さんはこうゆう風に喉を使って出すんだと思いながら見、聴いておりました。


正味1時間弱の朗読後、10分ほどの休憩→フリートークで出てきた成田さんは全部の力を出し切った感でいっぱいでしたが、色々とお話してくださいました。
サプライズな報告があるとリーフレットに書いてあったので、次回予告かなと思ったらそうでしたね(^^)

☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。
1月19日(日)第2回目の朗読会決定。この日からチケ受付開始。
4月??日   第3回目?(予定は未定)
5月??日   お誕生日イベがあるとかないとか。(予定は未定)
☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。・:*:・゚'★,。・:*:・゚'☆。・:*:・゚'★,。・:*:・'。

だそうです。
いきなりこんなに告知があって動揺を隠せず( ゚Д゚)

今後定期的にやっていければ、ゲストも呼べたらいいねというお話をされているそうです。
(賢雄さんは絶対断るだろうなぁ~なんて仰っておりましたが^^;)
あとは行ってきたばかりの中国でのイベントの話。
ちょっとぶっちゃけトーク全開で成田さんを初めて見た方はびっくりした部分もあったようですね(^^;
移動が多くて大変だったそうです。

仕事関係では前日にガンダムUCep7の収録が無事終了。
来年は「THE ORIGIN」というのもあるんですけど、それも僕がやるかどうなるか分からないですけど…って感じで濁してましたがどうなるんでしょうキャストは。
ここは成田さんにそのままやってほしいんですけれども。



そして帰りはハイタッチ会。という名のにぎにぎ会になっていたようですが、私はウェーイとハイタッチで(笑)
常に受け身なところがあるので黙ってしまう癖があるんですけが、そうしたら成田さんから「北海道からどうもね」とお言葉を頂き、次回のお話を少し。
「(1月は)雪が…降るんですよねぇ…飛行機が…」(吹雪の可能性を示唆)と私ブツブツ言いだしてどうもすみませんでした(平謝)
最後スタッフに促されて階段を登ろうとするときも「1月来てね!来れる?」と、慌てて引き留めるように再確認のお声掛け頂まして、立ち止まり、そして成田さんを見下ろす形で何か言ったと思いますが覚えてません(^^;
そんな話があったせいか、夜の部のフリトで「(次回1月は)遭難しても助けれません」みたいな発言が出たのかな…と(^^;;←思い込みバンザイ。

宵の部も開口一番「来てね。寒いけど」と、成田さんはどんだけ来て欲しいんだろう…と思いつつ(ぶっちゃけ人集まらないと次々回とか難しくなってくるしね)、「吹雪かなければ飛行機飛びますんで!(^^)b」と。
他にもちょっとお話しましたがそれは秘密。

今年3月のアラモ5で、吹雪のため大変な思いをしたのが私の中でかなりにネックになっていたようですな…。
1月晴れることを今から祈る日々です。
* Category : イベント・ライブ・遠征記録
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する