個別記事の管理2014-10-11 (Sat) 14:29



ヤスケンさんが出てるということで「小川町セレナーデ」見てきました。
川崎の小さなスナック「小夜子」で起こる悲喜こもごもな心温まるお話でした。
シアターも60席前後のシアターばかりで、その小ささがスナック「小夜子」の中にいるような感覚にさせてくれました。
須藤理彩さん演じるスナック「小夜子」を経営しているシングルマザー真奈美。父親を知らずに育った恋多き娘・小夜子(藤本泉ちゃん)
オカマのダンサー・エンジェルに安田顕さん。
詳細なあらすじはHPを見て頂くとして、舞台が川崎ということで、ちょうどオジサマー2でチッタ付近に行ったのでなんか懐かしい感じがしました。
とにかくエンジェルさんが綺麗。所作も女性らしくて見とれてました 。
ダンスの特訓シーンも面白おかしく。
脇の面々も個性的な方たちばかり。
母真奈美が若き頃、ショーパブでスタッフとして働いていた時唯一無二の親友だったのがエンジェル。
エンジェルが心身ともに女性になるべくタイへ旅立つ前日、酒に酔った2人は男女の関係になる。
そのときに身ごもったのが小夜子。
真奈美、エンジェル、小夜子。
不思議な家族の不思議な関係。
笑って、泣いて、じんわりくる映画でした。
* Category : 日々のアレコレ
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する