個別記事の管理2016-01-29 (Fri) 20:23
チケット発券。
ついにこれで後戻りできなくなりました。(決済した27日時点でもう戻れてないけど)

本当に楽しみでならない。
もうね、正直来月の成田さんのFCイベが惰性になりつつあるほど←
とりあえず一通り調べ終わったらそこで終わると思ってたんだけどなぁ…(^^;

福士君のエースが大好評だったこともあり、平さん相当プレッシャーだろうなと思いつつも期待が大きくなる一方です。
現代ドラマだと「下町ロケット」の日本クラインの嫌な人とか(笑)とか、フラジャイルの高坂先生(1話のみ)とか、上にヘコヘコするが続きましたけども。

私も全然箸にも棒にも引っかからないというか、これといって好きでも嫌いでもない方だったんですが、そんな中大河「真田丸」の武田勝頼役がビタっとハマったんですね。
三谷さんが書いた“強く優しく儚げで美しい武田勝頼”を短期間の中で見事に演じきった平さん。
映像を見ると誰もが納得すると思います。
大絶賛の嵐を受けたのは当然のことだと思いました。
だからこうして今ネットで取り上げられる。

183センチのマッチョな肉体美、それでいて笑顔が素敵、さらには猫男子というのがポイント高。

我が家も猫を飼ってますが、愛猫サモンちゃんとサンダーを見つめる姿はすごく可愛いです。(と、妙齢の男性に対する形容ではないと思いますが、可愛いです)

話は変わりますが、ドラマの場合だと、ロケ地とかの都合で撮影が話数を前後することが多いそうですが(9話の○シーン撮ったら、次は8話の○シーンですみたいな)、それをやってのける俳優さんはすごいなと。
アニメであれば順次録っていくのでね。高木さんもそこが最初は慣れないとインタビューで仰ってましたね。



* Category : 日々のアレコレ
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する