個別記事の管理2016-03-15 (Tue) 21:08
3月11日、12日と見に行ってきました!3回。

いやー、すごかった!!!(* ´ ▽ ` *)

古典芸能の歌舞伎の演出を、現代の技術を駆使して表現したらこうなるのかっていう。

歌・ダンス、アクロバット、殺陣、火、本水、フラッグ、プロジェクションマッピング、フライング、宙乗り、早変わり、紙吹雪、ドライアイス、盆、奈落、ど派手なセット、小林幸子ばりのハンコック…

4時間て長いなと思ったけどあっという間でした。
2回幕間休憩(30分)があるので、それもありがたい。


今回、エース役の平岳大さんが目当てで行ったのだけどもうね、格好良かった。(笑)


上背あるし、ガタイ良いし、背筋ピンとしててとにかく格好いい♪───O(≧∇≦)O────♪
ルフィが尊敬する【強くて、優しくて、格好いい】エースがそこにいました。
猿之助ルフィとの身長差もいい。

スーパー歌舞伎なので台詞はみんな現代語というのも初心者にはありがたく。
ただ、白ひげ(市川右近さん)は拵えも喋り方も歌舞伎寄り。
現代劇の俳優さんも平さん以外に浅野和之さんとか、嘉島典俊さんとか市瀬さん(リボーンの獄寺)とか出ているのだけど、皆さん見得を切ります。
それも新鮮で。

歌舞伎は男性が女性を演じるので、この辺りの話(頂上戦争戦。シャボンディ~アマゾンリリー~インペルダウン(ニューカマーランド)~マリンフォード)をチョイスしたのは良かったのか知れない。面白すぎた(笑)

2幕終わりの「通称:ファーファータイム」(主題歌が流れる中、ルフィ宙乗りでマリンフォードへ向かう場面)でニューカマーさん達通路に来て「立ってくださーい」とか言ってくれるのだけど、ハイタッチもしたけど、メイクが濃ゆいし、なんていうか、ノリが好き(笑)

舞台にはインペルダウンの囚人さんたちがノリノリで踊ってます。
その中に平さんもいるので(ついさっきまでエースしてたのに早き替え大変そう)、観客の人たちの視線はほぼ猿之助さんなところ、私は平さんを追いかけ(笑)

そして女方の皆さんキレイなこと。
春猿さんのナミとサンダーソニア、笑也さんのロビンとマリーゴールド、右近くんのサディちゃん。
特に大阪公演から参加の右近くんは他にマルコ(+宙乗り)もやっていて美味しいところ持って行きすぎ!

でもかえって原作そんなに知らなくて良かったのかも…と思ったり。
熟知してると「なんで?」って思うようなことも出てくると思うし、キャラと名前が一致してて、ざっくり関係性とストーリーが分かっているだけの方がいいかもしれんね。

ほんと行って良かった。すっごい楽しかった\(^o^)/

背中を押してくれたMさんありがとう!(笑)

なにやら来年10,11月に演舞場で再演が決まってるとか、いないとか。
エースを誰でやるのか分からないけど、見に行く気満々である。
* Category : 日々のアレコレ
* Comment : (0) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する