日々是日常

欲望の赴くままに漫画・小説etc、声優さんへの愛を語っております。今年はコードギアス10周年!
2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月

Tokyo holic

Tokyo holic

本日発売のシングル『なぐりガキBEAT』のc/w.
12/10の札幌ドームで初聴き。

「NOROSHI」に収録されていた10/25セッションムービー。
その時はこのセッションが今後どう変化するのか、どこでお目見えするのか全然分からない状態だったのだけど、ドームでイントロ流れてきてびっくり。(テンション高まった
セッションムービーでは、製作者の錦戸君の仕事人ぶりとそれに即応えていくメンバーの様子がとても頼もしく、我々の見えないところでこうやって曲(音)は出来ていくのか…と思ったものです。
ほんのちょっと垣間見ただけだけど、モノを作っていく課程を見れたのはとても良かったと思いつつ、もしライブでやるならこのままインストとして仕上げてくるのかと思ったら、歌詞がついてきてびっくり。
これを曲に仕上げてきたのかと。
確かこの曲だけは大画面に歌詞が出ていたと思います。

もう、初めて聴いた時の衝撃。
完全に歌詞に心臓を鷲づかみにされた。
地方民の私にとっては共感できる部分がたくさんありすぎた。

Tokyo holic.

直訳すると東京中毒。
一度しか聴いてないのに何か締め付けられるようなそんな想いがこみ上げてきた。
地方の人が東京に対して抱いている想い。憧れやコンプレックス、嫉妬。
私は北海道民でその誇りも持っているけれど、どこか表に出したくなくて強がっていた部分もあったんでしょう、私の心にあった微かな東京への憧れや嫉妬を引きずり出した曲でした。
この曲は東京へ出てなくても地方の人には共感できる部分がいっぱいだと思う。

でも道民からすると、東京も大阪もそんな変わらんやろって思うけども。←
東京は経済の中心でもあるし、特に芸能界でお仕事していくには東京を拠点にしないと難しい所もあると思う。
NACSのメンバーも今ではみんな拠点は東京だけどもやっぱり北海道に重きを置いてくれているし地元の大切にしてくれることがすごく嬉しいし、私だけかもしれないけれどエイトをNACSと同じように親近感を持って見るようになりました。

【 2017/01/25 (水) 】 日々のアレコレ | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

まいこ

Author:まいこ
北の方に生息。
声優の成田剣さんの話題多めです。

'16夏ドラマ「ON 異常犯罪捜査管・藤堂比奈子」にハマり、∞さんにもハマる。
そして「破門二人のヤクビョーガミ」で蔵之介さんと、途端に弟キャラになる∞黒さんに堕ちる。

ツイログ→http://twilog.org/maimai0327

カレンダー(月別)
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリーメニュー
成田剣さんオンエア情報
【アニメ】
2017年1月期
「エルドライブ」キエシ役
2017年放送開始予定
「Dies Irae」ヴァレリア・トリファ役
「将国のアルタイル」ナレーション?
成田さん出演作品発売メモ・イベント予定+α
【CD】
【アプリゲーム】
▼成田さん出演作品
・エンドライト(アウンダーク)
▼青島さん出演作品
・ビースト×ライト(トラヴィス・カーター)

【講師】
・現在HyperVoiceにて講師をされています。

【個人的イベント出没予定】

▼2016年
・03/11,12 スーパー歌舞伎Ⅱワンピース(大阪)
・05/21 成田剣BDイベント(大阪)
・05・22 成田剣BDイベント(東京)
・07/23 第98回王様ジャングル(大阪)
・12/07 関ジャニ'Sエイターテインメント(札幌)
・12/23 オジサマ専科クリスマス(東京)

▼2017年
・06/18 上を下へのジレッタ(大阪)
・07/15 関ジャニ'Sエイターテインメントジャム(札幌)
・10/?? スーパー歌舞伎Ⅱワンピース(東京)<br>
成田さんへのファンレターはこちら
現在フリーで活動されている成田剣さんへのファンレターのあて先はコチラです。
〒168-0082
東京都杉並区久我山5-21-6
センタービル102 「スタジオドラゴンカフェ」内 
成田 剣 様あて
最近の記事+コメント
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム