個別記事の管理2008-10-31 (Fri) 21:33
段々寒くなってきて、うちの猫たちが家にいる時間が長くなってきました。
基本居間にいる紅一点のお母さん猫も、朝起きるとストーブの前を陣取り、その息子猫と↓のオレンジな子は弟の部屋。
200809211438001.jpg
そして手前のマメオ氏は、現在私の部屋に入り浸りです。
特にマメオ氏は、布団の中に入る派なので朝方私の布団をガリガリやるわけですよ。
たまにタオルケットと布団の間に入ったりして、ちょ待て!みたいな。
今年も電気毛布は出来るだけ使わないで過ごしたいので、マメオさんのぬくもりで生きていこうと思います(笑)
今朝も私が起きる時間に布団に入ってきたので、マメオさんを残して居間に降りてったんですが、顔洗って戻ってきたらさらに中に潜り込んでた。
息苦しくないんだろうか…。といつも思うのです。
そんなマメオさん、今現在私の膝の上でまったりしております。



今週のはんぎゃく日記。
また成田さんの話が出てきたので抜粋。

新 「こないだ成田さんと二人だけで対談の取材があった」
大 「おぉぉーーーーーーー!」
新 「二人だけでっ…」
大 「じゃ、ジェレミアと咲世子の対談みたいな感じで」
新 「そう、キワモノ対談」
大 「ははははは、なんだそれ(笑)」
新 「それで言ってたもん成田さん、そのオレンジっていう名前を克服した時越えた時感動したって」

(中略)

大 「最終回でさ、スザクがゼロを刺しに行くときに、みんな俺が倒すって言っときながら(ゼロを)通すために前に出たじゃない?
新 「うん」
大 「で、自分を越えていったときに「行け仮面の騎士よ」って言ってちょっと微笑を仮面の下で、あれが私すごく好きでさー、カッコイイ!って初めて思った

大・新 「あ…(笑)」

(中略)

新 「ジェレミアってさ、すごくおかしいことばっかりやってみんなに笑われてたけどさ、でもやってる成田さんはすごく誠実にジェレミアっていうものをとても真剣にやってたんだよね」
大 「そうだね」
新 「だからあんなに可笑しいんだよね」
大 「うはははは」
新 「っていうのをね、二人で話していてとても思った」
新 「成田さんは誠実にジェレミアを演じていたんだよ」(力説するみっこ。←新井さんのニックネーム)
大 「だからああゆうジェレミアになったんだもんね」
新 「本物だったよ」
大 「それどうよ(笑)」

ということで(笑)、この対談は来月のアニメディアに掲載だそうです。
ぎゃほー、来月上京中に買うー!
写真大きく載ってるといいな。←そこかよ(笑)
でもジェレさよ対談vvvvvv



Unit Vanillaの第3シリーズ・アーサーズガーディアン第2弾『密林の覇者』は明日届く予定。
前回第1弾の感想はおおっぴらに書いてませんが、受けの子がポジティブすぎて面白いとは書きましたが、あのトンチキな依頼設定に若干引きつつ、なんの盛り上がりもないまま終わってしまった正直ポカーンでした(^^;
なので今回はちょっと期待しているんですが。。
てか、第3弾の『胡蝶の誘惑』の設定を見るに、これ成田さん合いそう!と思ってしまった次第です。

胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン胡蝶の誘惑 アーサーズ・ガーディアン
(2008/11/27)
Unit Vanilla

商品詳細を見る

* Category : ラジオ
* Comment : (0) * Trackback : (0) |